ピクテグローバルインカムの基準価格

image ピクテグローバルインカムの基準価格とは、有価証券に於ける価格の変化と利息・配当金などから資産の時価総額を算出し、その算出価格から運用にかかるコストを差し引き、一口あたりに換算したものが投資信託の基準価格となります。基準となるのは買い付け申し込みをした日のルクセンブルグ時間で正午の為替レートと、同16時における組入証券の直近取引価格を反映して計算されます。ちなみにルクセンブルグと日本では7時間の時差がありますので、日本時間では19時〜翌日3時という事になります。その基準価格が買い付けや解約の計算する際の基準となるのです。基準価格は勿論毎日変動しますがピクテローバルインカムの基準価格はおおよそ1万1000円程度です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ピクテグローバルインカムの配当金(分配金)

image また、ピクテグローバルインカムの配当金(分配金)は、毎年3、6、9、12月の決算時に付加されます。収益をインカムゲイン損失をキャピタルゲインとか言われますが、配当金(分配金)の計算は、インカムゲインからキャピタルゲインを差し引き、さらに必要経費を差し引いた額になります。また、ピクテグローバルインカムは、追加型株式投資信託ですので、特別分配金があるのが特徴で、特別分配金とは、配当金(分配金)支払い時に分配した分だけ基準価格が下がるため、投資家の個別元本を下回った場合の差額部分のことで、特別分配金は個別元本から控除され課税対象にはなりません。

インカム株式とは

ピクテグローバルインカム株式ファンドのインカム株式とは、資産株の意味で成長性が高く配当周りが良い長期保有に適した株のことで、今流行りのデイトレードと呼ばれるような、買ってすぐ売却決済する株式方式とは全く異なり、長期保有をして安定した配当を得る株式方式です。つまり利息稼ぎということです。

公益株分散投資

そして、ピクテグローバルインカム株式ファンドでは、安全で手堅い世界の公益業(電気やガスや水道などを広く公共の利益のために運営する企業)を相手に投資をします。ですから一般の商社のように好況時に於ける利益の上昇率は若干悪いですが、生活に必要不可欠なものなので、不況にも強く安定しています。更に、念には念を入れ特定の銘柄や国家に集中せず分散して投資しているので、大きく勝とうとするよりは地道にコツコツという方にはとても適しています。

ピクテグローバルインカム 基準価格と配当金